沖縄県国頭村で貸別荘生活

貸別荘の種類

貸別荘と一口に言ってもその種類は実に様々です。貸し別荘には大きく分けて3つのタイプがあります。その種類を紹介していきたいと思います。

コンドミニアムタイプ

コンドミニアムタイプ、アパートメントマナーハウスタイプ等

集合住宅タイプでマンションを想像すると分かりやすいかもしれません。隣や上下の部屋にも他の宿泊客がいるので、独立性が低く、マナーを強く意識しなければならないタイプです。その為、静かなリゾートライフを 思いっきり感じたい方にはストレスも多く不向きな場合もあります。その反面で、料金が他のタイプに比べて安いというメリットもあります。留学生や学生、バックパッカーに高い人気があって、少数向けの貸別荘といえると思います。

連棟式タイプ

貸別荘 連棟・村タイプ、仲介業者がいる貸別荘タイプ等

一軒家がいくつか連なっているのが、この連棟式タイプになります。
部屋は広くて開放感もあって、時間にも制限されることは少ないので、自分に合ったペースでゆったりと宿泊することができます。しかし一見すると一戸建てなのですが、隣にも宿泊客がいるので、完全なプライバシー保護はできません。
庭などの施設をしようすることができるタイプが多いのですが、事前に確認しておく必要があります。国内の貸別荘で一番多いのがこのタイプです。

一戸建てタイプ

貸別荘タイプ、コテージタイプ、マナーハウスタイプバケーションレンタルタイプ等

独立した建物になっていて他と分かれていて、プライベートも十分に保たれているので、周囲を意識することもなく、完全に自分達のペースで貸別荘を利用することができます。

大人数のグループや、広めの敷地内で優雅な時間を過ごしたい人等、広く人気があります。また大人数で貸別荘を利用する場合でも騒がしさ等、周りを意識せずに楽しむ事ができます。ですのでグループや家族等の大人数で盛り上がりたい時には最適なタイプです。

一戸建てタイプの場合、オーナーが個人所有している別荘という事が多く、個性的な創りで備品等も沢山あって、利用する側で考えられた設計をしている貸別荘の場合が多いのも特徴です。

しかし、貸別荘のすぐ近くに住宅が建っている場合があるので、しっかりと確認しておくことが大切です。

マイナスイオンたっぷりの軽井沢で都会の疲れを癒す。

友人の別荘を借りてみる

もしも知り合い等、割と近い人に別荘を持っている人がいるのなら、その別荘を貸別荘として貸してもらうというのも一つの方法です。この場合だと、宿泊費じゃなく別荘を貸してもらったお礼を支払えば良いのですから普通に貸別荘を借りるよりも安くて済みますし、使い勝手の悪い貸別荘になってしまう可能性もほとんど無いです。別荘を所有する側としても1年間に5〜6回ぐらいしか利用しない別荘は、維持費だけでも戸建て別荘タイプで20〜30万円、リゾートマンションタイプで30〜60万円ほどかかってしまいますので、使用しない時に貸し出すのは良い副収入にもなります。

また別荘は利用しないでそのままにしておくと傷みや劣化するのが早くなってしまうので老朽化を防止する為にもプラスになるというメリットがあります。しかし貸してもらっている立場なので、使い終わった後はしっかり片付け、掃除をして出ましょう。そうすれば、別荘の所有者も次も貸したくなりますし、お互い気持ちよく使えます。

このように、貸別荘にもいくつかタイプがあって、目的や宿泊人数にあわせた貸別荘選びをすることが可能です。

check

作業灯
http://goodtoku.com/?mode=cate&cbid=2050691&csid=0

2016/6/29 更新

ページTOPへ戻る↑